June 26, 2011

大川

Sdim0158

ブルームギャラリーへ中村紋子さんの写真展「Silence」を見に行きました。

ブルームギャラリー
http://www.bloomgallery103.com/

静寂を感じさせる様々な場面があった。静寂も様々。

本当に音のない静寂。雑音だらけの中の静寂。音の発する前の静寂。

自分にとっての静寂って何かと考えた。

帰りに大川沿いを歩くと、風が強く、何もかもが吹き飛ばされ、空気が澄み渡っていた。

何故か十三大橋がハイビジョン映像を見ているようにデテールまでがシャープに見えた。

対岸の高層ビル街が夕日に染まり、美しかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2011

地底のバロック & ユーストリーム

朝起きると、意外に筋肉痛がなく、快調。☆

根っこフェチとして楽しみだった、写真展を見に十三のブルームギャラリーへ行く。

谷口正彦写真展 地底のバロック
http://www.bloomgallery103.com/

入り口から見るとギャラリー内が暗く、まだオープンしていないかと焦る。実は照明を暗くしていた。

ギャラリーの壁3面を埋め尽くす、木の根っ子の寫眞にびっくり、驚愕。

誰もいないギャラリー内にひとり座り、一つ一つの寫眞を見る。よく見ると数種類の寫眞をトーンを変えたり、モノクロ化したり、大きさを変えて、壁に貼っている。

しかし、びっくりしたのは逆さまにした寫眞もあることだ。重なって下が見えないものもある。(笑

そんなことをオーナーと話していると、谷口さんが登場。作品の意図などをお話しする。地下を巡っている根っこの有機的なネットワークを想像してコラージュとして作品にしたそうだ。

自分も根っこフェチだったけど、地上のみを見て、地下のネットワークを想像したこともなかったので、イマジネーションが大事だと思った。

久しぶりに見た大作で、色々なヒントをもらえたし、楽しかったです。

その後、ビーツギャラリー「大大阪モノクロ編」に出している「淀川パノラマ」のきっかけとなった風景を撮りたくて、堤を上がって河原に行く。

三脚を立て、ハッセルに80mmを付けると、対岸の建物が小さくてびっくり。150mmを付け直すとちょっと寄り過ぎかな。前景がなく、淀川と向こう岸の高層ビルだけだとインパクトが弱いなと思いつつ、120を1本だけ撮影して終了。

タウラボさんが撮ったポイントも十三大橋を超えたすぐそこにあって意外だった。

十三の駅前で酒蒸しまんじゅうを買い、ビーツへ戻る。18時の終了間近になって、来廊者が増える。自分の寫眞の感想も聞けずにちょっと寂しい。大大阪というテーマからすると、ズレてて、京都府寫眞とか言われているが、すべて大阪の土地に立って撮ったものだ。

無事に終わってくつろいでいると、岡島さんに呼ばれてユーストリームを始める。

大大阪モノクロ編/ナイトウヒロシ
http://www.ustream.tv/recorded/15180081

音楽が大きいのと、私の声が低く、小さいので聞きづらい。相手の問いかけに対してリアルタイムに自分の考えを説明するのは難しい。ただ、家で聞き返してみても、自分の考えと反対のことを言っていないので安堵した。

仕事と両立するのは難しく、何度もできないなとは思ったが、壁に飾った自分の寫眞を毎日見続けていたら、意外なことに段々と素敵に見えてきて、やってよかったな、またやりたいなと、困った欲望も出てきた。

煮詰まってしまったヘブンをどのように進めていくかを考えよう。☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2005

☆味園の螺旋階段,白い服の若い女性

曇り晴。

蒸し暑くて何度も起きる。22日の大阪の最高気温は36度。(怒)2度寝して結局起きたのは10時。(汗)

11時に出る。カメラ屋で先週のモノクロベタを受け取る。1本目はマズマズ,2本目はイマイチ。最近,このパターンが多い。2本まで集中が続かないのか。(涙)

4時まで必死に仕事。時間がどんどん過ぎる。予定のところまで終わったので大阪へ。

17時半,大阪写真会館の鈴木さんでハッセルの120/5.6を受け取る。シャッターが超快調。☆ シートフィルムの装填法を聞く。テント型のダークボックスは4万円。本物のテントが買える。袋型は4千円。これで十分?

ナニワでフィルムを買い,ピンク街を通って千日前へ。大きなカバンをぶら下げて三脚を持って歩いていると,呼び込みのお兄さんに相手もされない。♪

味園へ行き,navalの扉を開けると暗い店内に間宮氏がいた。開店にしてもらい,ビールを飲む。120/5.6をハッセルに付け,味園の2階の廊下,エレベータホールなどを撮る。螺旋階段を白い服を着た女性たちが上がったり下がったりしている。

妖気漂う螺旋階段を撮る。通る人が多く迷惑をかける。まぐろさん,鏡子さんも来る。面白い被写体を見つけて撮影に熱中する。ハッセルのスクリーンに映る被写体の美しさに見とれる。これに騙されて,上がってきたプリントがまったく平凡なことに泣くことが多い。

熱中しすぎてまぐろさんは帰ってしまった。階段を上がり下がりする女性に聞くとファッションショーですという。そういえば美容師さんぽい人が多かった。モデルさんが友だちと味園の入り口で記念撮影。今日はにぎやかで華やいだ味園。☆

navalに戻り,ベルモットのロックを飲む。先週撮った写真をバーテンダーの女性に見せると,柵が好きなのですかと聞かれる。柵と壁が好きなんですよと言って、間宮さんと笑う。☆

----------
ドルチェはお菓子の意味なんですね。あの服はなんと言うのでしょうか? やっぱりデジカメは必要?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2005

☆千日前通から夕陽丘出入口。高島屋前。

晴。高温で湿度が高く汗がたくさん出る。

祇園祭だったが午前中は仕事。☆ 今年は例年の2倍の人手というニュースに慄いたため。

午後2時,京都へ。efishで生ビールとオクラと豆のカレー。☆

午後5時半,ビーツ着。O氏の79年の写真学校の卒業制作集を見せてもらう。大阪の下町の写真。硬派な4x5のカラー写真。19歳のO氏は女性なんか興味ない?風の硬派のアンちゃん。(笑)何時もとは違って静かなギャラリー。F嬢とO氏の3人で話が盛り上がる。☆

力が出てこず,ぐづぐづしていると7時。(汗)地下鉄で日本橋まで行き、高架に沿って写真を撮る。高架を入れた構図は色んなパターンを撮ってしまい,新たな構図は作れない。高架を入れずに撮る。三脚を立てて撮っていると通行人が不思議そうに通り過ぎる。よさげなグリルがあったが先に行けばまだあるだろうと通り過ぎる。(涙)

8時半,夕陽丘出入口に着く。お腹が減ったので撮影終了。飯屋を求めて歩くと日本橋に着く。飯屋はない。マクドナルドは9時で閉店。(涙)真西に歩くと直ぐに難波CITYに着く。あまりの近さに驚く。無印でトイレタイム。高島屋前の交差点に三脚を立てて撮る。夏の夜を謳歌する若い人たちが通る。なぜか道を聞かれる。道頓堀の場所を聞かれる。

navelに行こうと思ったが門限が近い。地下鉄で淀屋橋に出て満員の京阪特急に乗る。11時半帰宅。奥の期限\。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2005

☆雨の大阪、京都。ペペロンチーノを食べながら大悟す。

しとしと雨。

金曜日の夜は仕事の疲れとストレスがたまり,なかなかクールダウンできない。夜中に何度も起きる。眠くなるまで正法眼蔵の行持の巻を読む。結局、お昼までだらだら寝る。

2時に大阪にでかける。大阪写真会館の鈴木さんで Veriwide を受け取る。水準器の調整をお願いしていた。オークションで落札した4x5 Galvinの状態を見てもらう。蛇腹に穴を発見。蛇腹の交換は5万円・・・。(涙)蛇腹を伸ばさなければ問題なさそう。☆ リンホフレンズボード用のアダプターを注文する。 オーバーホールと水準器の取り付けをお願いする。ロールフィルムホルダーやスクリーンガラスなども聞くが結構かかりそう。安物買いの銭失いになりそう・・・。(涙)

カフェでチャイと菓子パンを飲む食べる。前の席に女性3名がおしゃべりをしている。

ビーツギャラリーで山口明の個展を見る。わざとノイズを載せたプリント。色のセンスがある。配置に一晩かかったと聞く。

5時,雨の風景を撮ろうと街を歩く。カフェにはまだ女性3名がおしゃべりをしている。☆ 雨の日らしい風景とは何かと考えながら歩く。ドラックストアのビニールの覆いが雨らしい風景と感じる。120を2本撮影。ピエールでパンを買う。

北浜のカフェでコーヒーを飲む。女性2名が携帯メールの書き方について楽しげにおしゃべりをしている。男と女で時間の流れが違うことを知る。

7時、電車で京都へ。バーゲンも見たかったが efish へ。雨の京都は落ち着いていて素敵。生ビールを飲みながらスタッフとはんなりとした時間を過す。

8時,寺町通りを通って四条へ。祇園祭の提灯がゆれ,チントンシャンの音楽が流れる。被写体を探して四条通を歩く。ナニワカメラがなくなっている。京都でフィルムを買う店がなくなる。(涙)

被写体を探して新京極を歩く。外人・観光客が多い。京都の夜を感じる。幾つかのポイントに立って構図を考える。写真のイメージは湧かない。

お腹がへってきたので三条通で店を探す。店長が呼び込みをしていたスパゲッティ屋に入る。ペペロンチーノを頼む。前には大学生ぽいアベックが座っている。男はなにも喋らない。女はつまらなさそう。整った顔のきれいな女性。女性をやさしい目で見つられる男はすくないことを思い出す。いつかは忘れてしまったが,そんな目をした男を見た。そんな目の男がいることに驚いた。

ボンベイで食べたペペロンチーノを思い出す。色んなことを思い出す。ペペロンチーノを食べながら大悟する,ワタシは自由と。ここより上にも下にも行くことができる。空想をすればボンベイにも京都にも行くことができる。自由なんだと。☆

40歳前後の黒尽くめのアベックが入ってくる。女はお店のマダムぽい。男が黒のキャップを取る。やさしい目をしている。ワタシもできるはず。

電車の中で爆睡。10時半帰宅。久しぶりにスーパーサッカーを見る。♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2005

☆京都で生ビール,大阪で写真展。農人橋の歩道橋

8月のような暑さ。梅雨はどこにいるの?

2時頃家を出る。京都のefishへ。テキパキ働く美女たちを見ながら生ビールを飲む。至福のとき。☆ 開催中の着物展のポストカードと,岡島さんと自分用の手ぬぐい,赤と黒の2種類を買う。☆

今日の京都はメチャ暑い・・・。後ろ髪を引かれながらも大阪へ。電車の中で本を読んでいたら情報量が足りないことに気が付く。そのため梅田のジュンク堂へ。

淀屋橋からジュンク堂まで歩くだけで汗でビチョビチョとなる。本屋は人で一杯でとてもびっくり。日本も捨てたものではない。☆ 結局,3冊買う。8千円ほど。ビジネス書は安いのに驚く。

電車でビーツへ。歩く元気はなかった。(汗)「私の6月1日」展の81名の写真。「写るんです」のインデックスプリントが壁3面一杯に張られている。それぞれの6月1日。まずは自分のを見つける。正面の真中。岡島さんにどうよと聞くと,マジでいい写真だと言っていた女性が2名いたという。岡島さんはくやしいと連呼する。(笑)手ぬぐいをプレゼントする。赤を取られる。(笑)

27枚すべてがちゃんと撮れている人は少ない。フラッシュの失敗や27枚撮れきれなかった人が多い。なんとか27枚撮れていてよかった。(汗)

一番のよかったのはマイミクのヒラサワ氏と隣に飾ってあった女性の写真。「写るんです」を越えている。普段撮っている写真とブレがない。大きく伸ばしたのを欲しい。☆

8時、本で重いカバンを持って撮影に。重さに耐えかねて予定を変更する。本町の阪神高速の入り口をデジカメで撮る。設定を変えて撮っていると電池が切れる。(涙)デジカメなんか嫌いだ〜。♪

銀塩カメラに変えて農人橋の立体交差と歩道橋を撮影。アングルと車が来るタイミングを変えて撮影する。120を2本撮影して終了。ラーメンを食べて帰る。

少し燃え方が足りない一日でしたが,人はほめられて成長するを実感した一日でした。☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2005

☆京都・夏物。大阪と自然写真展。本町〜千日前

晴。むし暑い。

昼より京都へ。駅ビルの Y's for menで夏物のカットソーを買う。桂花ラーメンでターロウ麺を食べる。意外とキャベツが多くてキャベツ大盛りにする必要がないことを知る。

駅から五条まで市バスに乗る。どのバスに乗ればいいかいつも迷う。17番と205番だと覚えよう。バスから京都の町を眺める。今度,市内をバスで巡ってみよう。☆

五条のefishでコーヒーを飲んでほっこりする。4時に店を出る。

北浜で降り,モスバーガーでロースカツバーガーとオニポテを食べる。オニオンリングフライがお気に入りだな。☆

SWCでオフィス街を撮りながら本町まで歩く。ビルの壁を撮っていると中東さんに声をかけられデジタルデータの可視化について聞かれる。

ビーツにて「大阪と自然写真展」を見る。客がいない,男だけの汗臭い写真展と参加者と笑う。大阪で自然写真が成り立つかは微妙。格好いい写真はあった。☆ ニビの解説をミコさんと聞く。♪ 次第に客が増えてくる。

8時,ビーツを出て高架シリーズの撮影。本町から千日前まで歩く。川の上を高速道路が走っている。道頓堀で両者が別れるまで同じような風景が続く。橋のところしか撮るポイントがない。道路の真中に三脚を立てて撮る。怪訝な顔をして車が,人が通り過ぎる。道頓堀から高架の下は道になる。直ぐ隣はミナミの繁華街なのに高架の下はきわめて寂しい風景。

10時,千日前通に着いて撮影終了。情けないほど進まなかった。水平垂直の設定,露出の測定に時間がかかったため。やっと6x10で2本。露出は今日も微妙。(汗)

淀屋橋から京阪にのる。京橋からコンサート帰りの女の子がたくさんのる。気持ちが高ぶってきて歌を歌い始める。流石に小さい声だけどね。若いっていいなと思う。☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2005

様々な大阪: 天満橋〜動物公園前

雨のち曇り。

15時に家を出る。気分を変えようと天満橋で下車。カルチャースクールが多いハイカラな街。時計製作のスクール兼ショップに入る。

E-300をもって堺筋本町まで歩く。そそられるものがない。もうデジカメは苦手意識。(汗)農人橋前の高架の歩道橋で構図を研究する。

17時ビーツに到着。「大阪ポートレポート」展を見る。スタッフと写真について議論。期限切れのフィルムを寄付する。(汗)

18時ローライ2眼を持って町に出る。環状線の1つ西側の裏道を南下する。南下するにつれ,風景がころころ変わる。

千日前通を過ぎると黒服の男に黒のワンピースの女性のペアが多い。韓国語をしゃべる人がとおりすぎる。

道頓堀を過ぎると古寂びた街となる。駐車場となった空き地を眺めるおじさんに声をかけられる。カメラ店を営んでいたという。しばし昔話。もう一人のおじさんにも声をかけられる。写真が趣味で山に山草を撮りに行っていたという。西の空が夕日で黄色くなっている。おじさんに夕日を見ていたのかと聞くと,空き地の植物を見ていたという。この当たりはどんな街ですかと聞くと,何もない所だと言う。

日本橋東のあたりに来るとリアカーが道に多く止まっている。道にはおじさんたちが腰をおろして話している。自転車の二人乗りの若いアベックがその中を通りすぎる。診療所という名前の病院が多い。振り返ると愛染橋病院という看板が見える。町には高層マンションが連立している。

驚いたことに大きく通天閣が見えてくる。疲れたので新世界の串カツ屋でビールを一杯しようとするが,すべて待つ客で列を作っている。仕方がないので,動物公園前通へ行く。しかし飲食店が少ない。串カツ屋は一軒もない。以前はグループで来ても怖かったところだ。今は一人で歩いている。

動物公園前通には新世界とは違うディープな大阪がある。顔を厳しくして歩く。山王市場商店街という看板に惹かれて横丁へ入る。一番明るい店がカラオケ韓国飲み屋。暗いアーケードに夜の準備をするおじさんたちが何人もいる。ここはワタシが来るところではない。来た道を引き返す。

新世界に引き返すが疲れていてお店に入るエネルギーがない。恵美須町から地下鉄に乗る。北浜から京阪に乗って帰る。短い間,爆睡。疲れが取れる。

5kmほど歩いた。結局,雨は降らず。三脚を持っていかなかったので撮ったのはフィルムは1本だけ。デジカメでは何も撮れなかった。何を撮れというのか。もう1つの大阪? 何でも撮れるわけではない,撮っていいわけではない。写真で何を伝えたいかを考えながら暗い山王市場商店街を歩いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2005

画像

hiroko1s

hiroko1

|

October 19, 2004

打ち合わせ

19時より奈良町物語館で「賑・ならまち25」のミーティングがあった。当研究室でイベントの宣伝用のHPを担当することになった。現在作成している NaramatiWiki の枠組みを使って,多くの人の共同コミュニティーとしてHPを作成したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«DM出稿